”あなたに”できる愛猫の健康を守る3つのこと

出典:http://karapaia.com/

『 愛猫の健康を守る 』ということを真剣に考えた時に、獣医さんの手を借りるしかないのか…。

答えは、決してそれだけではありません。

実際 動物病院の数は地域差があるので、まずは病気にさせないことが一番です。

少しでも愛猫に健康で長生きしてもらえるために、『 私たち飼い主ができる3つのこと 』を見てみましょう。

愛猫の健康を守るコツその①完全室内飼いをする

猫にとって家の外は危険だらけです。

  • 車による事故
  • 猫エイズウイルス( FIV )
  • 猫白血病ウイルス( FeLV )

など…。

命を脅かす事態に遭遇してしまう可能性があります。

猫エイズウイルスとは、憎悪因子の一つです。

猫白血病ウイルスとは、猫が患う癌のなかで最も多い悪性リンパ腫を引き起こす原因になります。

自由気ままな猫には、気の毒に感じるかもしれませんが…。

『 室内飼いを徹底すること 』が愛猫に健康でいてもらうための一番効果的な方法といえます。

愛猫の健康を守るコツその②フードを見直す

出典:http://www.axa-direct.co.jp/pet-ms/

販売されているキャットフードの中には、

  • 『 激安 』と謳っている安価な商品
  • 『 ヒューマングレード 』の原料で製造された高価な商品

など飼い主さん・飼い猫の好みに合わせて多種多様な取り揃えです。

『 口にするものが身体をつくる 』ので、『 高品質なフードを与えること=健康を守ること 』につながっています。

ただし『 高ければいい 』という訳でもなく、それぞれの愛猫に合ったフード選びが必要になってきます。

例えば、老猫であれば一番おおい病気である腎臓疾患。

悪化して起こる腎不全は、猫の死因第1位でもあります。

こうした疾患を患っている飼い猫用に、泌尿器ケアに対応したフードが存在します。

泌尿器疾患は、猫全般に頻度がおおい病気のひとつですが…。

こうした対応フードを選ぶ工夫によって、

  • 発症
  • 再発

を未然に防ぐことも可能です。

愛猫の健康を守るコツその③運動をさせる

繊細で神経質な猫にとって、ストレスは様々な病気を誘発する原因のひとつです。

日常的なストレスを猫に与えないために…

  • 清潔なトイレを用意する
  • いつも新鮮な水を用意する

などの『 ストレスを感じさせない生活環境 』を整えてあげましょう。

そして、日常的にストレスを発散させることも重要なポイントです。

運動不足気味な室内飼いの猫にとって、運動は一番のストレス発散方法です。

高い場所が好きな猫には、キャットタワーを用意してあげると喜んで遊んでくれます。

大好きな飼い主とスキンシップをとりながら運動ができたら、この上ないストレス発散になること間違いなしですね。

運動が日常的になると、

  • 肥満解消
  • 尿路結石

の予防にもなり、一石二鳥にも三鳥にもなります。

『 ”あなたに”できる愛猫の健康を守る3つのこと 』まとめ

ワクチン接種・健康診断など病院と連携して健康を守ることの前に…。

まずは飼い主自身ができることで愛猫の健康を守っていきましょう。

関連する記事はこちら↓

ペットを守ろう!健康管理のすすめ

ワクチンの種類別/犬のワクチンって、値段はいくら位なの?


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ