「 ナチュラルドッグフードの評判 」まとめ

出典:http://petfun.jp/

「 無添加のドッグフード 」として広く知られているナチュラルドッグフード

飼い主( 家族 )にとって、『 どのような点が評価されているのか 』を調査し【 まとめ 】を作成しました。

それでは早速みていきましょう。

〇厳選された10の原材料

ナチュラルドッグフードの10の原材料。

これらの製造元は、イギリスにある専門工場「 GAペットフード・パートナーズ社 」です。

この工場は、

  • 国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得している
  • 州議会と英国小売協会にも認められている

という安心で、実績のある製造元といえます。

●アレルゲンを極力排除

出典:https://www.amazon.co.jp/

ナチュラルドッグフードは、アレルゲンのきっかけになるといわれている食材の

  • 小麦
  • 大豆
  • 乳製品
  • とうもろこし
  • 牛肉
  • 豚肉

を取り除いています。

ナチュラルドッグフードの主原料である〈 ラム肉 〉は、「 アレルゲンなるかどうか 」に個体差がある食材です。

  • アレルギー検査を病院で受ける
  • 食事をする様子を注意深く見守る( 緊急時は病院へ )

といった対策をしてあげてください。

ナチュラルドッグフードは〈 穀類 〉が使用されていないグレインフリーではありませんが、

  • 玄米
  • 全粒オーツ麦
  • 全粒大麦

が含まれています。

これらの穀類はアレルゲンとなる危険性が低く、消化がいいので穀類の消化が苦手な犬でも食べやすい食材といえます。

○消化が良いドッグフード

ナチュラルドッグフードは、消化しやすいドッグフードです。

そのため、お腹の調子をよく壊す犬にとって身体にやさしいドッグフードです。

肌が敏感な場合にも「 ナチュラルドッグフードを与えるようになって、かゆがる様子がなくなった 」という口コミがあります。

●コストパフォーマンスが高い

出典:https://mofmo.jp/

ナチュラルドッグフードは、高価価格帯のプレミアムドッグフードです。

コストパフォーマンスがいいドッグフードなので、一日あたりの食餌代はそれほど高くありません。

一粒の栄養価が高く、沢山与える必要はありません。

他のドッグフードに切り替えた後に、大体のケースで減らす必要があります。

栄養価値が高いために今までのドッグフードと同じ量を食べさせると太ってしまうので、食べさせる量には注意が必要です。

関連する記事はこちら↓

【 犬の肥満は飼い主の責任!? 】NG行動別・肥満解消法

【 獣医師が薦める 】アレルギー対応のドッグフードとはどんなもの?


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ