総合栄養食から療法食までラインナップが豊富なドッグフード「 ロイヤルカナン 」の口コミや価格まとめ

出典:https://petpedia.net/

ペットショップのみならず動物病院などでも販売しているドッグフード。

それが…【 ロイヤルカナン 】です。

今回は、『 アーバンライフ アダルト 』のデータをもとに紹介します。

ロイヤルカナンの口コミ

ロイヤルカナンは、嬉しいご意見から厳しいご指摘まで多くの口コミ寄せられています。

今回はその一部をご紹介します。

GOOD「 ロイヤルカナンを与えると、愛犬が食べてくれる! 」

「 ロイヤルカナンであれば、喜んで食べてくれる! 」という声が挙がっています。

BAD「 ロイヤルカナンは、原料が不安… 」

「 安全性が不透明な添加物が使用されている 」という声が挙がっていました。

BAD「 ロイヤルカナンはベタベタしている 」

表面のオイルコーティングが気になり与える際に不快感がある 」という声が挙がっています。

ロイヤルカナンの成分・原材料

出典:http://www.rakuten.co.jp

ロイヤルカナン自慢の主な原材料と成分について紹介します。

・たんぱく質

原材料である〈 肉類( 鶏、七面鳥 )〉によって、高品質で新鮮な動物性たんぱく質を摂取する事が出来ます。

・炭水化物

ロイヤルカナンでは、炭水化物〈 とうもろこし 〉〈 とうもろこし粉 〉〈 米 〉などを使用しています。

・ミネラル

ミネラルが摂取できるための工夫として〈 鶏 〉〈 七面鳥 〉〈 魚油 〉を使用しています。

以下は、ロイヤルカナンの成分分析表です。

タンパク質 19.0%以上
脂質 13.0%以上
灰分 6.6%以下
粗繊維 3.5%以下
水分 10.5%以下

エネルギー( 100gあたり )/ 約379kcal

ロイヤルカナンの特徴

ここで、ロイヤルカナンに含まれている成分についての特徴と危険性を表記していきます。

・とうもろこし

ロイヤルカナンのメイン食材に使われているのは、「 とうもろこし 」

とうもろこしは、肉食動物の犬にとって消化・吸収率がわるいことが分かっています。

身体に負担がかかることから「 軟便 」「 下痢 」「 便秘 」「 嘔吐 」などの原因になることが考えられます。

・酸化防止剤

1980年代、一時的に使用禁止となった「 BHA 」

未だ不明確な点がおおい「 没食子酸( もっしょくしさん )プロピル 」

どちらも愛犬に与えることを迷ってしまいそうな危険性のある成分です。

ロイヤルカナンの価格

ロイヤルカナンは、一社独占で販売されている商品ではありません。

よって、販売店により金額が異なります。

今回は、参考価格をご紹介します。

ロイヤルカナンは、

  • 800g入りで962円( 税込 )
  • 2㎏入りで1,814円( 税込 )

の2サイズに分けて商品展開をして販売されています。

関連する記事はこちら↓

胃腸の消化・吸収を助けてくれるドッグフードとは?

小型犬に合ったドッグフードとは?


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ