【 キャットフードはおいしいの? 】猫の味覚に関する3つの知識

出典:https://www.rakuten.co.jp/

キャットフードを口にした事がありますか?

筆者は、『 激安 』がセールスポイントのキャットフードを食べた事がありますが…。

美味しい物ではありませんでした。

そこで今回は、キャットフードに対する猫の味覚についてみて行きましょう。

猫の味覚に関する3つの知識その① 猫の味覚は鈍感!?

人は食べ物を口にする際、自然と五感を駆使して様々な情報を得ながら楽しむことができます。

ネコちゃんにとっても味覚を感じる点については同様です。

舌と食べ物が触れる場所によって「 塩味 」「 苦味 」「 酸味 」の3種類を感じることができます。

その中でも特に「 苦味 」を感じる能力においては、長けています。

『 劣化( 特に腐敗 )した肉を食べて身体を壊すことのない様に、猫の進化によってこの能力が伸びた 』といわれています。

一方で、「 塩味 」においては鈍感であることがわかっています。

肉食動物のネコちゃんは、積極的に塩分を取らなくても身体の具合が悪くなることはありません。

猫の味覚に関する3つの知識その② 猫が美味しいと判断する基準は酸味

出典:http://smile-page.net/

猫が旨みとして感じやすい成分をここに表記していきます。

  • リン酸
  • カルボン酸
  • ヌクレオチド三リン酸
  • ヒスチジン( アミノ酸の一種 )

などが当てはまり、に豊富に含まれている成分です。

この【 ○○酸 】という表記の通り『 酸味=旨み 』として猫が感じていることが分かります。

猫の味覚に関する3つの知識その③ キャットフードは人間が食べてもおいしくない

『 人がキャットフードを食べてはいけません 』という注意書きの記載されたキャットフードを見たことがあるでしょうか。

人の口にする食品とペットフードの安全基準は、異なるものですから…。

人が口にすると危険な成分が入っていて、健康被害がでてしまうかもしれません。

これらをご理解頂いた上で、キャットフードを人間が食べた場合の話をします。

味は、決して美味しいとは言い難いです。

一般的なキャットフードは、

  • 塩味が物凄く強い( 猫は、そこまで感じない )
  • 飲み込むことが困難な程の味と舌触り

など本能で、『 身体に取り入れるべきものではない 』と訴えかけるような代物でした。

『 猫の味覚に関する3つの知識 』まとめ

飼育しているネコちゃんがどの様な嗜好であるのかを探るために、試供品があれば取り寄せてみましょう。

関連する記事はこちら↓

そのキャットフード大丈夫?危険な原材料が使われているかを見分ける3つの方法

無添加キャットフードの2つの魅力と1つの注意点


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ