比較して判断しよう!本当に良い猫の保険とは!?

本当に良い猫の保険について

猫が大きな病気やケガをした際、「医療費がこんなにも高額と、思わなかった。」と、話す飼い主さんは少なくありません。

そんな時に役立つのがペット保険です。

しかし、何を基準とし選んだら良いのか、悩む方も多い事でしょう。

そこで今回は、比較対象を設けて、猫の保険についてご紹介します。

猫の保険にも制限がある

人間の保険同様、の保険にも、年齢制限や品種の制限などが設けられています。

約10年前のペット保険の場合、

  • 犬は加入できるものの、猫は保険加入ができない
  • 雑種の猫は保険加入が出来ない
  • 0歳の犬しか加入する事が出来ず、7歳を迎えると同時に更新が出来ない

という保険もありました。

しかし、現在では、7歳11か月までに、新規で加入しておけば、終生、更新し続ける事が可能な場合もあります。

猫の医療費にお金が必要となるのは、5歳を超えてからです。

この時期に保険の新規加入または更新ができないペット保険は、現在、あまり見掛けなくなりました。

医療器具にも保険が利用可能!?

マンチカンやミヌエットなど、足の短い猫は、椎間板ヘルニアを患う可能性が高く、手術を行い、車いす生活を余儀なくされる場合も多々あります。

しかし、リハビリとして日常生活に使用する医療器具には、保険がおりない事があります。

保険加入時は、飼育している、または、飼育を検討している猫がかかりやすい病気をリサーチし、その猫種に合った保険を選べると良いですね。

月々の保険料を活用する

現在では、1年間、保険金の支払いが無い場合、翌年度の保険料が割引されたり、高額な医療費が必要となる手術のみに保険金を支払うワンコイン保険など、様々な種類の保険が増えてきています。

比較して判断しよう!本当に良い猫の保険とは!?まとめ

ペット保険は多様化されてきていますが、保険が主な顧客としているのは、犬です。

その為、猫を保険に加入させる場合は、猫に対し、どの程度補償が充実しているか、きちんと確認する事が大切です。

 

関連記事:知って得する!ペット保険「いぬとねこの保険」

関連記事:知って得する!ペット保険「PETS BEST」

関連記事:ここが使える!ペット健康手帳


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ