インコにおすすめのペット保険の選び方について紹介!

インコにおすすめのペット保険の選び方とは?

鳥といえば、鳩や烏、雀など、街にいる鳥たちを想像する方が多いでしょう。

一方、ペットとして飼われている鳥を想像した時、多くの方はインコやオウムを思い浮かべるのではないでしょうか。

そこで今回は、ペットとして愛され続けるインコについて学びながら、インコにおすすめのペット保険をご紹介します。

インコがかかりやすい病気について

インコがかかりやすい病気は、以下の3種類です。

風邪

たかが風邪と侮る方が多いのですが、放っておくと、

  • 菌が肺の深くに侵入
  • 呼吸器障害
  • 眼球の突出

など、慢性化し、重い症状を抱える事となってしまう場合が多々あります。

毛引き

毛引きとは、自分の羽根を自分で引き抜く事です。

始めは、羽毛をかじるのですが、エスカレートすると、届く範囲の羽根を全て引き抜いてしまい、最後には出血する程、皮膚を傷付けてしまいます。

原因として、

  • 飼い主の長期間に渡る留守
  • 新入りのペット
  • 寄生虫
  • 発情

など、精神的・身体的、どちらにおいても可能性は考えられます。

卵詰まり

卵詰まりとは、産卵が滞り、卵管で詰まる状態の事です。

発生頻度が高い上、落鳥(絶命した鳥の事を指します)する確率が高い為、様子見などと言い、放置する事は非常に危険な病気です。

症状として、腹部からおしりにかけてふくらんでいたり、卵が見えているなど、外見で判断できる事が多い為、発見は決して難しくはありません。

鳥類のためのペット保険「プリズムコール」

日本アニマル倶楽部株式会社が提供するペット保険『プリズムコール』には、鳥類の為の保険「鳥類・爬虫類プラン」があります。

  • 月額2,550円で、手術・入院・通院を対象にした「グリーンプランⅡ」
  • 月額1,450円で、手術・入院をサポートする「ホワイトプランⅡ」

の2種類があります。

ただし、対象となる鳥類の種類は、『インコ』を筆頭に、『ブンチョウ』『サイチョウ』『カナリア』『ジュウシマツ』『オウム』『ヨウム』です。

また、年齢制限が設けられている為、ペットの年齢はしっかりと確認しておきましょう。

 

関連記事:ペットを守ろう!健康管理のすすめ

関連記事:ここが使える!ペット健康手帳

関連記事:【 インコのペットフード 】ってどんなもの?


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ