全てのペット保険には特性がある!?おすすめしたい猫の保険3選

おすすめしたい猫の保険3選とは?

ペット保険には、各社特性があります。

「猫種」「ライフスタイル」「猫に当てられる医療費」など、飼い主の考え方により、合う保険は様々です。

そこで今回は、あなたにおすすめしたいペット保険をご紹介します。

手術が必要な病気やケガに備えた保険「いぬとねこの保険」

https://hoken.rakuten.co.jp/pet/jpic_ex_pet_gold/

「いぬとねこの保険」は、主に3つのプランに分けられています。

  • ゴールドプラン…比較的、高い頻度で通院を目的としている方向け
  • プラチナプラン…通院、入院、手術をトータルで補償する方向け
  • パールプラン…手術費用のサポートを目的とする方向け

更に、ゴールドプランとプラチナプランは、

  • 90%プラン…年間補償限度額90万円
  • 70%プラン…年間補償限度額70万円
  • 50%プラン…年間補償限度額50万円

と、それぞれ選ぶ事が出来ます。

但し、パールプランは、

  • 70%プラン…年間補償限度額30万円

と、ゴールドプランとプラチナプランとは異なる点があります。

また、複数頭の犬または猫が加入する場合、保険料を1頭につき年間900円割引されたり、マイクロチップを装着しているペットは、保険料が年間600円割引するサービスもあります。

大きな病気やケガに対し、「事前に対策をしておきたい!」と、考える飼い主さんにオススメです。

獣医師がつくったペットのための保険「PETS BEST」

「PETS BEST」は、3つのプランに分けられています。

  • ファーストプラン…病気やケガにしっかりと備えておきたい方向け
  • ベーシックプラン…病気やケガにある程度備えておきたい方向け
  • アクシデントプラン…突然のケガに備えておきたい方向け

また、「PETS BEST」は、保険料の増加が緩やかな上、16歳11か月まで新規の加入が可能な為、医療が必要となる高齢の猫を飼育している方には嬉しい保険です。

さらに、免責金額(※)を除く医療費用の80%を補償してくれる上、1日の限度額が無く、1回の事故(傷病)に対応するので、「手術」や「長引く通院」を、猫が病気やケガを抱えた際に検討している飼い主さんにオススメです。

(※)免責金額…保険の対象となる医療費に対し、保険加入者が負担する金額をあらかじめ決めたものです。

業界最高クラスのペット保険と謳う「PS保険」

「PS保険」は、3つのプランに分けられています。

  • 100%プラン…補償を充実させたい方向け
  • 70%プラン…月々の保険料と補償、どちらもほどほどにしたい方向け
  • 50%プラン…もしもの時に備えておきたいけど、月々の保険料は抑えたい方向け

「PS保険」の最大の特徴は手頃な保険料です。

その上、「通院」「入院」「手術」だけでなく、「車いす」にも保険が適応される為、猫にも飼い主の財布にも優しい保険です。

初めて猫を飼うにあたり、「どの程度医療費がかかるか分からず心配。」という方にオススメです。

 

関連記事:知って得する!ペット保険「PETS BEST」

関連記事:知って得する!ペット保険「いぬとねこの保険」

関連記事:ここが使える!ペット健康手帳


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ