ペット保険の料金を無駄なく支払う2つの方法を紹介!

ペット保険の料金を無駄なく支払う2つの方法について

ペット保険に加入するのであれば、月々の料金は気になるところではないでしょうか。

同じ様な補償内容であっても、月々の保険料が違うケースは必ずあります。

そこで今回は、ペット保険の料金についてご紹介します。

ペット保険の料金は、『ペットの種類』と『年齢』で決まる!

ペット保険は、『ペットの種類』『年齢』で決まります。

ペットの種類とは、『犬』『猫』『鳥』などに分けられ、更に、『血統種』『品種』『体重』など、細かに分けられます。

また、犬や猫の場合はあまり事例がありませんが、鳥や爬虫類の場合、珍しい品種のペットになると、保険の加入そのものが出来ない場合もあります。

さらに、ペットの年齢においては、『犬』『猫』の場合、7歳を区切りにペット保険の料金が急増したり、12歳を越えると、ペット保険の更新を断られる事もあります。

必要とする医療を考えておく!

生き物である以上、ペットは必ず老います。

老後を迎えた際、貴方はペットにどの様な医療をかけたいのか、しっかりと考えておきましょう。

何故なら、ペット保険は、『通院』『入院』『手術』の3種類を軸とし、ペット保険のプランを製作し、料金設定を行なっているからです。

病気や怪我の際、出来る限りの医療を施したいのであれば、『通院』『入院』『手術』の全てに対し、補償が受けられるペット保険を選ぶのが妥当でしょう。

しかし、手術により体に刃物を入れる事に抵抗がある方や、延命の為の治療を繰り返し、ペットが苦しむ姿を見たくないという方であれば、
『通院』『入院』に留めると、無駄がないでしょう。

更には、大きな病気や怪我に対し、十分な医療をかけさせるだけの予算がない場合などは、『通院』だけのプランを選択し、薬で治療を行なうのも、1つの選択です。

この様に、選択肢を多くもっておく事で、無駄な料金を払わずに済む事が出来ます。

 

関連記事:比較して判断しよう!本当に良い犬の保険とは!?

関連記事:犬を対象としたペット保険に関するたった3つのポイント

関連記事:知って得する!ペット保険「PETS BEST」


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ