犬の床滑り防止対策3選について紹介!

犬の床滑り防止対策について

室内で犬を飼育しているご家庭からのご相談が多い床滑りですが、ちょっとした対策で、犬の床滑りは簡単に防止する事ができます。

今回は、犬の床滑り防止対策についてご紹介します。

床滑り防止1 フローリングとフロアクッションは避ける

犬が滑って転ぶ原因の大きな要因は、フローリングまたはフロアクッションの上を走っている事です。

特にフローリングは滑りやすく、犬の足腰に大きな負担をかけてしまいます。

そこで、床滑り防止の為、カーペットを敷く事をオススメします。

カーペットは大判のタイプから、タイルカーペットと呼ばれる、40cm四方の小さいものまであります。

粗相をしてしまいがちな犬や、老齢の犬を飼育しているご家庭であれば、タイルカーペットの方が掃除もし易く、常に清潔に保つ事が出来ます。

床滑り防止2 階段には滑り止めシートが必須

一戸建てなど、室内に階段があるご家庭の場合、犬が階段を利用する際、上から下へと転がり落ちてくる事があります。

犬が階段から落ちる理由は、大半が、滑っている為です。

その為、階段が室内にあるご家庭は、階段の1段ずつに滑り止めシートを貼る事をオススメします。

また、滑り止めシートには、防音効果がある為、犬の爪音を軽減させる事が出来ます。

ただし、カーペットに比べ、やや高価なものが多いです。

床滑り防止3 大型犬の場合はコルク素材のカーペットを利用

前項までは、小型犬・中型犬をメインとし、ご紹介をしました。

何故なら、大型犬が一般的なカーペットの上を走ると、カーペットがめくれてしまい、逆効果になってしまう確率が高い為です。

しかし、コルク素材のカーペットであれば、カーペットがめくれにくく、衝撃を吸収するちからに長けている為、怪我や病気の予防にもなります。

ただし、安価なものを購入すると、見栄えがあまりよくなく、部屋の景観を損ねてしまう場合がある為、カーペット選びには慎重に行なえると良いでしょう。

 

関連記事:犬のベッドを用意する5つのメリット

関連記事:犬を迎える前に!知っておくべき飼育費用について

関連記事:一人暮らしで犬を飼う上での注意点5選


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ