チワワの予防接種はどうすればいい?時期や種類、金額は?

【チワワの予防接種は必要?】

予防接種は絶対に必要です。

なぜ必要なのでしょうか?

チワワは生まれてすぐにお母さんの母乳を飲むことで免疫力が補われ、致死率の高い病気から身を守ることができます。

しかし、その効果は生後2〜3ヶ月ほどしか続きません。

免責力が弱まると病気にかかりやすくなるので、チワワを守るためには予防接種が必要となるのです。

【予防接種の種類】

予防接種には2種類あります。

必ず受けなければならないものが狂犬病ワクチンです。

狂犬病はチワワだけでなくすべての哺乳類に感染し、発病するとほとんどの場合死に至るとても恐ろしい病気です。

日本では1956年以降発症した例はありませんが、生後91日以降に接種し、1年に1度必ず受けることが法律で義務づけられています。

 

任意で受けるものが混合ワクチンです。

混合ワクチンは11種あります。

1.ジステンパー

2.パルボウィルス

↑ここまでが2種混合ワクチン(非常に恐ろしい病気なのでワクチン接種は必須)

3.伝染性肝炎

4.伝染性喉頭気管炎

5.パラインフルエンザ

↑ここまでが5種混合ワクチン

6.コロナウイルス感染症

↑ここまでが6種混合ワクチン

7.レプトスピラ症(ヘモラジー型)

8.レプトスピラ症(カニコーラ型)

9.レプトスピラ症(コペンハーゲニー型)

↑ここまでが9種混合ワクチン

10.レプトスピラ症(オータムナリス型)

11.レプトスピラ症(オーストラリス型)

↑ここまでが11種混合ワクチン

 

混合ワクチンの接種は飼い主の任意となりますが、5種のワクチンを最低限接種することが望ましいでしょう。

何種のワクチンを接種するかはチワワの居住地域や生活環境などによって判断しなければなりません。健康状態を考慮したうえで、獣医さんと相談して決めることをおすすめします。

【予防接種の時期】

まず知っておきたいのは、産まれて間もないチワワと成犬では予防接種を受ける回数が異なるということです。

生後受ける混合ワクチンスケジュールです。

・1回目の接種:生後8週間後

・2回目の接種:生後12週間後

※生後90日以降に狂犬病ワクチンを1回接種

・3回目の接種:生後16週間後

・4回目の接種:3回目の接種から1年後

上記はあくまでも目安であり、すべてのチワワに当てはまるものではありません。

生後4週間未満の引渡しは禁じられているので、平均して生後約2〜3ヶ月で飼われる方が多いと思います。

家族として子犬を引き取る時には、今までどのような予防接種を受けてきたのか必ず確認しましょう。

成犬になってからは毎年4月から6月に狂犬病を摂取します。

混合ワクチンは年に1度となります。

【予防接種の金額】

狂犬病ワクチンは3,000円前後です。

混合ワクチンは目安として1種につき約1,000円と考えてよいと思います。

居住地域や病院によって料金は異なるので事前に確認しておきましょう。

【その他の予防接種】

狂犬病、混合ワクチン以外にフィラリア予防ノミ・マダニ予防があります。

フィラリア症は蚊に刺されることで感染する寄生虫疾患です。

重度の寄生の場合、死亡する場合もあります。

フィラリア症は予防すれば100%防げる病気です。

蚊の発生する時期(5月から11月)に注射や飲み薬で予防できます。

 

ノミ・マダニは気温が13℃を超えると活動を開始します。

ノミやマダニが寄生すると、血を吸われた場所に激しい痒みが生じるだけでなく、ノミアレルギー皮膚炎や犬パべシア症などの深刻な病気を引き起こすことがあります。

年間を通じて予防を行うことは必要ですが、特にノミやマダニが増える時期(4月から12月)がしっかり予防してあげましょう。

ノミ・マダニを速やかに駆除し、卵の孵化や発育を阻止するフロントラインがおすすめです。

チワワの予防接種まとめ

チワワに必要な予防接種はたくさんあります。

ワクチンを接種する際には、獣医さんとよく相談し、チワワに合ったものはどれなのかということを飼い主がしっかり理解しておく必要があります。

チワワのような小型犬の場合には、副作用等がでやすくなっていることもあるので特に注意が必要です。

予防接種を受けた日は激しい運動やシャンプーは控え、変わった様子はないか確認するようにしましょう。

正しい知識できちんと予防接種を受け、病気から愛犬を守ってあげてください。

 


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ