愛猫の寿命が延びるかも?!猫がかかりやすい泌尿器系の病気とその対策

出典:http://tetoan.com/

あなたは猫がかかりやすい病気を知っていますか?

実は、猫は泌尿器系がとても弱いことがわかっています。

泌尿器系の病気は再発しやすく、最初の発病を早期発見できないと命にかかわることもある怖い病気です。

『 猫の寿命は、腎臓の寿命 』と呼んでいるひとがいるほど、密接に関係しています。

そういった話があるからこそ【 泌尿器系を常に意識していれば、その行動が愛猫の寿命を延ばすことにつながる 】ともいえますね。

そこで今回は、猫がかかりやすい泌尿器系疾患と対策をみていきましょう。

【 尿石症 】

尿石症は、オス猫によくみられる病気です。

おしっこが身体でつくられ排泄されるまでに

  • ストルバイト尿石
  • シュウ酸カルシウム尿石

ができてしまう病気です。

そして排泄する過程で、石が膀胱・尿道を傷つけ炎症を起こしてしまいます。

悪化すると、結石が尿道に詰まって尿道閉塞になってしまうこともあります。

そのまま放置していると、老廃物が排出されず尿毒症という慢性疾患の原因になります。

猫は尿道が狭く、尿道閉塞までは比較的あっという間にかかってしまう場合が多いです。

尿道閉塞にかかると

  • 排泄時に痛みがでる
  • 頻繁にトイレに行きたがる割にはおしっこが出ていない様子
  • 血尿がでている

などが特徴です。

【 尿石症 】にならないための対策は?

猫におおい疾患である「 尿路結石対策フード 」が販売しています。

水分をこまめに与え、おしっこを適度に薄めて排泄させてあがることも有効です。

【 膀胱炎 】

 

出典:http://ailovei.com/

尿石症と併発しやすい病気に、膀胱炎があります。

その名の通り膀胱が細菌に感染→炎症してしまう病気です。

  • 排泄時に痛がる
  • 尿が濁る
  • 血尿がでている

などが特徴です。

【 膀胱炎 】にならないための対策は?

水分をこまめに与え、適度におしっこが排泄できるようにしてあげることが有効な予防法です。

【 腎不全 】

特に老猫に多く、腎臓機能が低下→正常に働かなくなってしまう病気です。

  • 貧血
  • 嘔吐
  • 体重減少
  • 多飲多尿

などが特徴です。

「 急性腎不全 」という言葉がありますが、こちらは進行が早いので特に注意が必要です。

【 腎不全 】にならないための対策は?

腎不全に関しては、直接有効である予防法が存在しません。

定期検査などで、早期発見・早期治療をすることが大切です。

勿論、上記で紹介してきた疾患にならないように努めることも腎不全の予防につながっています。

泌尿器系の病気に共通して言えるのは、水分をきちんと取ることです。

泌尿器疾患を予防するための日常対策

出典:http://hatenablog.com/

猫の先祖は、砂漠で生息していたので沢山水を摂取しなくても平気でした。

いまもその名残から、すすんで水分補給をしている猫は割合すくないです。

水分補給が嫌にならないために

  • 常に新鮮な水を用意する
  • 水飲み場を複数箇所設置する
  • 猫のヒゲが当たらないよう広く浅い器を選ぶ
  • 身体にあわせた飲みやすい高さにしてあげる

など…。

工夫を重ねてみてください。

水道水のカルキ臭に敏感な場合は、

  1. 一度沸騰させて、カルキ臭をとばす
  2. お湯を冷ましてから与える

という方法で与えてみてはいかがでしょうか。

関連する記事はこちら↓

キャットフードで健康を手に入れよう!知られていないキャットフードの種類

ペットを守ろう!健康管理のすすめ


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ