犬にフローリングを傷つけさせない3つの方法を紹介!

犬にフローリングを傷つけさせない方法について

室内で犬を飼育していれば、当然の事ながら、フローリングに傷を付けてしまいます。

借家などにお住まいで、フローリングに傷を付けさせるワケにはいかない場合、飼い主の配慮が必要になります。

そこで今回は、犬にフローリングを傷つけさせない方法をご紹介します。

1. フローリングを守るには、カーペットがオススメ

犬の体格を問わず、犬を飼育しているのであれば、犬が出入りする部屋にはカーペットを敷く事をオススメします。

カーペットを敷いておけば、カーペットがフローリングを守ってくれる為、フローリングに傷を付けてしまう事は滅多にありません。

また、所定の位置でトイレが出来ない犬の場合、タイルカーペットなど、簡単に取り外しが出来、常に洗う事が出来る物を選択すると良いでしょう。

2. フローリングにはワックスがけをしましょう

予算の都合上、前項で紹介したカーペットの購入が難しい場合、こまめに、フローリングにワックスがけをしましょう。

ワックスは、フローリングをキレイにみせる為だけでなく、傷や埃から、フローリングを守る効果があります。

その為、多少の衝撃では、傷がつきにくいです。

しかし、思いっきり走ったり、ふんばったりなど、爪に力を入れる様な事があれば、当然の事ながら、フローリングに傷が付いてしまいます。

3. こまめに爪と、肉球からはみ出した無駄毛を切る

犬がフローリングに傷をつけてしまう原因の1つに、歩きにくさがあります。

特に、爪の手入れを怠り、肉球と肉球の間から無駄毛がはみ出ている様な犬は、フローリングの上に限らず、歩きにくく、爪や肉球に力が入ってしまいます。

飼育している犬の手足は、きちんと手入れができているか、今一度、確認をしてみて下さい。

犬にフローリングを傷つけさせない3つの方法を紹介!まとめ

犬がフローリングの上を歩く事は、足腰に負担がかかる為、極力、歩かせない事をオススメします。

また、飼い主が気に掛かるほど、犬がフローリングに傷を付けている場合、犬には、かなりの負担がかかっています。

 

関連記事:一人暮らしで犬を飼う上での注意点5選

関連記事:犬と一緒に賃貸物件に住むための知識3選

関連記事:犬に留守番をさせる3つのポイント


スポンサード リンク


このページのトップへ

【ペットと私の秘密基地】トップへ